非常勤という働き方

 看護師の勤務形態には、常勤・日勤常勤・夜勤常勤・非常勤・夜勤専従・派遣・パートやアルバイトというように沢山の働き方があります。

非常勤はパートやアルバイトと違い、勤務日数のみを指定される仕事をいいます。パートやアルバイトの場合は時間も指定出来ますからね。そういった意味でパートやアルバイトよりもより常勤に近い立場であり、だからといって業務内容や業務時間の面では束縛が少ないというメリットがあります。
そこで近いのが、パートやアルバイトよりもどちらかというと契約社員や派遣社員という働き方かもしれません。

契約社員は、企業や病院が提示した業務内容や待遇に関する契約書にサインする事で、その契約期間のみ働きます。契約は1ヶ月もあれば半年、1年など様々な期間更新があり、業務態度などによっては更新される事も途中で解約される事もあるという不安定な勤務形態として有名です。
そういった不安定な勤務形態である契約社員に比べ、人気があるのが派遣社員です。
派遣社員の場合は、勤務したい企業や病院に直接契約するわけではありません。専門の派遣社員紹介所と契約するのです。
そこで、勤務先が突然解雇や異動を言い渡す事は出来ません。また、給料の支払いや福利厚生も紹介所が行いますから、契約外の残業というのは絶対に有り得ません。紹介所と勤務先で契約不履行が起こってしまいますからね。
なので、派遣契約を武器に、派遣看護師は不利な立場に陥る事はまずありません。しかも正社員の助っ人という事で呼ばれている立場なので、基本的に時給換算すると正社員よりも多いのが一般的だといえるようです。
契約が満期になり、次の更新がされない。契約社員はこの場合、次の職場を自分の力で探すしかありません。が、派遣社員は紹介所がありますから、自身の希望やスキルに合った次の職場を紹介所が探してくれます。
ここまで書いた通り、もしも非常勤で働くというのならば、契約社員を選ぶよりも派遣社員を選ぶ方がとてもお得なのだという事を覚えておきましょう。
しかし、病院側が派遣社員を受け入れるのが初めてという場合、その業務内容の幅などで不備がある事も。そういった場合でも紹介所という保険があると思って、色々と相談してみるといいですね。

さて、ここまで書いてしまうとまるで派遣社員だけがいいみたいな感じかもしれません。しかし、その業務内容や給与形態などは本当に職場によって様々ですから、自身の目と耳できちんと確認、選ぶ力を養うよう心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です